経験を積んだ者が必要とする知識

「重要な科目ほど経験を積んだ後のほうが学びやすい。しかも、それらの科目の多くは、まさに経験を積んだ者が必要とする知識である」
(〜 断絶の時代より 〜)

 

ドラッカー先生は大人が社会で経験を積んで、再び学校に戻ってくることが常識的になる時代が来ると言っています。そしてその学生(大人)は極めて意欲的な学生となるとも言っています。

よく考えれば、今は昔と違い、仕事が終わった後や土日を使ってさまざまな勉強会が行われていますよね。これもひとつの学校へ戻る形。「断絶の時代」は1969年に書かれた本ですが、まさにドラッカー先生の言葉通りの時代になったのだと感じます。

なぜ大人が学ばなければいけないのか…
僕が思うに、時代を作る産業、働き方、価値観等、ある意味変わらないと思っていたことが、多様化・多元的になり(まさに現代)昔のように通用しなくなる(断絶)、その変化の時代を生き抜くためには新しい知識を学ぶことが不可欠なのではないか、それも継続的に…

だから経験を積んだ者が学校に戻って学ばなければいけない…

ということなのかなと思います。

今でこそ、学びの大切さを感じていますが、「若い時にもっと勉強しておけばよかったなぁ」と猛烈に反省もしています。(笑)

今僕は、3つのことを学んでします。

1つ目は、
ドラッカーマネジメント

2つ目は、
ismワークフロー

3つ目は、
ボトムアップ理論

3つとも、経営者としての知識不足を痛切に感じたことがきっかけで学び始めたことです。

時代は激変することが前提。
トランプ氏が選挙に勝ち、不安に思っている方も多いと思いますが、でもある意味がどんな断絶が起こるか、楽しみでもあります。

そして、自分の会社の事業戦略が5年後、10年後も通用するはずがないとも考えるし、どんな会社になるべきか変化するべきか…
いろいろ考えるなぁ。

今こそ、「断絶の時代」を読むときだと思い、ドラッカー先生の書籍の中でも超難解と言われるこの本を読み始めました。
この本を読み終えるとき、僕は何に気がつくのだろうか…

今週もがんばるぞ!

13715964_1094473583978389_1348548060208300549_n_r1_c1
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

必要は発明の母ではないが、助産婦の役は果たす

「必要は発明の母ではないが、助産婦の役は果たす」
(〜 断絶の時代より 〜)

 

「何か新しい商品を開発しよう!」
会議の中でよく出てくるテーマですが、自分(自社)の中にある知識や情報だけを頼りに商品やサービスを開発することをドラッカー先生は良しとしていません。

このドラッカー先生の教えは、先に投稿したコトラー先生の以下の言葉、

『今現在は「何をつくるべきか」が答えである。何が売れるのか、作りたいものを作って、営業に売れ、ということではない。真逆なのだ。』

に通じます。

企業にイノベーションの機会をもたらす時(商品・サービスの開発など)は、既知の知識から起こるのではなく、外部環境で起こっている経済的な必要性と機会を知ることが先で、それを自社の強みを活かし、どのように体系付けて未来(明日の主力製品)を創っていくか…

「必要は発明の母ではないが、助産婦の役は果たす」という言葉の真意は、ここにあるのかなと思います。

ドラッカー先生は「(経営者は)表の風に当たれ!」と口を酸っぱくして言い続けています。
これは「企業は社会の中で生かされている」というドラッカーマネジメントの根本です。

まだまだ、ドラッカーマネジメントの修業の身ですが、
考えることが多くなったり体調がすぐれない時は、なかなか外の世界に目を向けることができません。
「外の世界をもっと気にしないと」と思った週末でした。

さて、10月9日・10日に行われた秋の高山祭では、多くの方に「ひだスマ」をダウンロードしていただけました。普段の7〜8倍でした。

観光客の方とたくさん話をさせていたただき、今まで気づかなかった観光の悩みを発見し、

また、ひだスマを視察に来たお客様からもいろいろな活用方法を提案していただけました。

自分たちだけでは気づかないことを、外に出て少し聞くだけで知ることができます。
「ひだスマ」の改善に取り入れるヒントがいっぱいでした。

ドラッカー先生の教え通りですね。(^ ^)

img_5659

自分を使って何をしたいか

「選択肢を前にした若者が答えるべき問題は、正確には、何をしたらよいかではなく、自分を使って何をしたいかである。この問いは就職上の選択の問題に見えながら、実は自らの実存に関わる問題である」
(〜 断絶の時代より 〜)

 

昨晩、子どもたちと進路会議をしました。
子どもたちは、自分の将来をなんとなくイメージはしているけど、進路となるとまだまだ明確になっていない…

「本当になりたいものがまだ見つからない」
「どういう仕事が自分に合っているのかわからない」

↑ こんな感じ。
仕事を見つけることが先になってる…
気持ちはよくわかるけど…

たくさんある職業の中で、どれを見つけるかという方法も悪いとは言わないけど、

「自分の強みを発揮できる仕事は何んだろう」という発想もしてほしいかったので、

昨晩は、親が感じている「子どもたちの強み」を話してあげました。

自分たちに社会に貢献する強みがあるってこと、少しはわかってくれたかな。ちょっと難しかったかな。(^ ^)

上記のドラッカー先生の言葉の重要な点は、
「自分を使って何をしたいか」
これは「自らの実存に関わる問題」ということ。

この意味、とても重要ですよね。
そして、自分の強みを知った上で身につける知識(進路)がいかに重要か、なんですよね。

「自らの強み」を知るきっかけになればOK。
次回の進路会議までに、どんな変化があるか、楽しみです。(^ ^)

マーケティングとイノベーション

「企業の基本的な機能は二つ、マーケティングとイノベーションである」(~ マネジメントより ~)

あまりにも有名なドラッカー先生の言葉ですね。

ドラッカー先生が言うところのマーケティングとイノベーションの意味を勉強すると、世間一般で使われている意味とかけ離れていることがわかります。

マーケティングとは一般的に「市場を調査し、ターゲットを絞り込み、その顧客層に対して商品を訴求・宣伝・販売する」というように外に仕向けるものとして使われていますが、ドラッカー先生は、自らの理念・強み・事業の発信に対して、応答されてくる外部環境からの声、また自ら気付いていない変化を察知することだと言っています。この応答を無視したら成果も貢献もないということです。

イノベーションも「革新的な発明、技術、商品開発」という意味で使われていますが、ドラッカー先生の言うイノベーションとは、マーケティングから応答された外部環境の声と変化を、経営・組織・人にフィードバックし自らの事業や商品・サービスを変革していく、つまり、昨日とは違う、新しい自分(会社)をつくり変えていくことがイノベーションだと言っています。それが結果的に社会のイノベーションにフィードバックされるのだと。

ひとりひとりが、また、会社がドラッカー先生の言う「マーケティング+イノベーション」を毎日毎日積み上げていき、顧客と応答し合うこと、つまり会社(個人)と顧客(社会)のコミュニケーションをし続け変化を起こすこと、これが本当のイノベーションなのだと教えてくれています。

「マーケティングの理想は販売を不要にすることである」(断絶の時代)という、これまた有名な言葉がありますが、ドラッカー先生の教えを理解していない人が突然この言葉に出会うととても違和感を感じて「何言ってるの!」と思う方がとても多いです。

これは、説明してもほとんど理解していただけないので、ドラッカー先生を学んで実践して、気付いてもらうしかないですね。(笑)

▼マネジメント

▼断絶の時代

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン