プランはミッションからスタートする

「プランはミッションからスタートする。ミッションからスタートしなければいかなる成果もあげられない。ミッションが、あげるべき成果を規定する。」
(〜 非営利組織の経営より 〜)

「非営利組織の経営」は今読み進めている本です。
タイトルは「非営利組織」とついていますが、内容は「営利組織の経営者に向けて発せられている言葉ではないか」と思うくらい、珠玉の言葉が並べられています。

先週、読んだページの中で、僕が今一番悩んでいることに答えてくれる言葉がありました。それが上記の文章です。

僕の仕事は、自社のミッションを考えることはもちろん、お客様のミッションを一緒に見直し再定義することも重要な仕事のひとつです。

お客様の中でこのミッションが明確になっていないがために、打ち合わせがかみ合わない、なんてこともたまにあります。(反対に明確になっている方との仕事はとてもスムーズ)

実は、ミッションが、売上、利益、販売になっている時が一番かみ合わないパターン。

当然「企業活動は利益(儲ける)がすべてじゃないの」という考えを持つ方もいますが、

ドラッカー先生は、「現代の経営」の中で利益について、以下のように述べています。

「もちろん、利益が重要でないということではない。利益は、企業や事業の目的ではなく、条件なのである。また利益は、事業における意思決定の理由や原因や根拠ではなく、妥当性の尺度なのである。」

これは「利益のために会社がある」のではなく「社会的な役割を果たす」ために会社がある。ということ。

52年前の著書なのですが、先見性に満ち溢れまくりです。

僕も当然、利益のことは考えます。(笑)
しかし、利益のことだけでは、心の底から「よーし!」というモチベーションが湧き上がらないのですよね。

「利益のために働く?」それとも「社会・お客様をよくするために働く?」

お客様と一緒にミッションを見直し再定義し成果につなげることは簡単ではない。。。

でも、それが私たちのミッションだとすれば、悩みながらも、毎朝毎朝、「よーし!」と新たな力がみなぎります。

写真は、この週末行われた息子の小松遠征の様子です。
久しぶりに2日連続5試合、観戦。
暑い中、一生懸命走る子どもたちの姿に元気をもらいました!

IMG_5872

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

すべて共通の目標に向けなければならない

「組織の中の人間が果たすべき貢献は多様である。
しかしそれらの貢献は、すべて共通の目標に向けなければならない。」
(〜 マネジメントより 〜)

 

個人のライフスタイルが多様化する中で、企業理念やミッションが明確になっていない場合は、個人の価値観、成果・目標もその人任せになる可能性が高くなり、傍目からは意思統一されていないバラバラな組織に写ってしまいます。もちろん組織としての貢献の姿も成果も何なのかわかならくなります。

企業理念やミッションは、社員全員に貢献に焦点を合わせた自社(組織)の使命を明確にする道具であり、判断基準、行動規範だとドラッカー先生は教えてくれています。

企業理念やミッショを決めることはリーダーにとって一番考えをめぐらせ見直す仕事なのかもしれません。

また、ドラッカー先生は「経営者の条件」の中でも以下のように教えてくれています。

「貢献に焦点を合わせることによって、コミュニケーション、チームワーク、自己開発、人材育成という、”成果をあげるうえで必要な四つの基本的な能力”を身につけることができる」

貢献に焦点を合わせることによって、得られるもの…
これを見つけることは本当に尊い…

僕の会社も恥ずかしながら、

・企業理念
・ミッション
・ビジョン
・バリュー(行動指針)

を明確にしています。
サラニのみんなは、毎朝、企業理念のもと自分の貢献の場を確認し仕事を始めます。

これを始めて、かれこれ1年。
僕が指示をしなくても、みんな自ら考え行動してくれています。
本当にうれしい限り。

「飛騨の未来を創る」
焦点の定まった行動を!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

フィードバック分析

「強みを知る方法は一つしかない。フィードバック分析である」
(〜 プロフェッショルの条件より 〜)

 

「フィードバック分析」とは、マネジメントをはじめてとするドラッカー先生のあらゆる知的枠組みの根幹をなす概念のことです。
(ドラッカー先生自身50年間実践していたとこのこと)

ドラッカーマネジメントを学んでいるとよく「フィードバック分析」という言葉が出てきますが、正直なところ、「フィードバック分析」について、今まで深く考えたことはありませんでした。

先週、自分自身にとって一番足らないことは「フィードバック分析なのかなぁ」と思うことがあり、「フィードバック分析」関連の本を探すうちに、井坂康志さんの執筆である「自らをマネジメントするドラッカー流フィードバック手帳」という書籍に出会いました。

2日で読了!(^ ^)
難解なドラッカー先生の言葉が、わかりやく具体的な手法が記されているので、とてもおもしろい。

早速、自分なりの4つの空間を決め、まず、実践し始めました。
今日で4日前。

一日一日の目標を明確にし行動し、そして振り返り、見直し、外部環境に対する感覚器官を研ぎ澄ませ、日常の中で変化・機会・自分の強みを感じられるように続けていきます。

13580501_1082462341846180_1232021340081694740_o

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン