いい事。朝コンビニにて ブライアン看護師のエピソード

今朝、出張先のコンビニで朝食を買った時の出来事です。
コンビニに入ると大きな声であいさつをする女性店員。(40歳前後かな)
店中に響く声だったので、「ちょっとうるさいなぁ〜」なんて思っていたのですが…
どのお客様にもハツラツとした声で、
「ありがとうございます!いってらっしゃい!」
いつも店員の顔をまじまじと見るなんて事しませんが、「どんな人かなぁ」とレジに進むと、とてもチャーミングな笑顔。

「素敵な人だなぁ❤️(笑)」

そして僕のレジが終わると「行ってらっしゃい!お仕事がんばってください!」の声。
なんだか嬉しくて、「仕事ガンバちゃいます!」と心の中で思ってしまいました。

「行ってらっしゃい」と声をかけてくれるコンビニはたくさんありますが、この店員さん、マニュアルの言葉ではない、何か心に響いていくる想いが伝わってきたんです。

こんなことがあって、車に戻ると、ドラッカー先生の「経営者の条件 第3章 どのような貢献ができるか」に書かれているブライアン看護師のエピソードを思い出しました。

▼ブライアン看護師のエピソード
「(ブライアン看護師は)特に優れた看護師でもなく、看護師長をつとめたこともなかった。だが、彼女は、自分の病棟で何か新しいことが決まりそうになると「それは患者さんにとっていちばんよいことでしょうか」と必ず聞くことで有名だった。事実、ブライアン看護師の病棟の患者は回復が早かった。何年か後には、病院全体に『ブライアン看護師の原則』なるものができあがった。みなが『目的とするものに最高の貢献をしているか』を常に考えるようになった。」

このエピソードで注目したいのは、「ブライアン看護師の病棟の患者は回復が早かった。」ということです。これは成果と言っていいですね。回復が早いというくらいですから「患者さんにとっていちばんよいこと」の結果として、患者さんの笑顔、喜び、感謝、元気、ワクワクがあったはずです。
「いちばんいいこと」だったとしても、それが病院・看護師の不信につながるような不快な言動だったら回復は早くなりませんよね。

さて、話はコンビニの女性店員に戻りますが、
もしこの店員さんが「朝コンビニにくるお客様はどういう人だろう。これからがんばって仕事をするために朝食を買いに来る人(自宅で食べられない諸事情があって)ではないか。この人たちに私が精一杯できること(貢献)は何か。それはハツラツとした笑顔と声でエールを贈ることではないか」

と考えたならば、これこそが貢献に焦点(自分自身にできる最高のこと)を合わせた働きかたといえるのではないでしょうか。

もし、高山にこの店員さんがいたら、何の用事もないのに「朝、あのコンビニで買お!」って思っちゃいます。
まさに、非顧客が顧客になった瞬間ですね。(笑)
(この場合の非顧客とは、購買する必要がない状況の人)

う〜ん。周りのことを何でもドラッカー先生の言葉に置き換えて考えてしまう…
癖以外の何物でもない。(笑)我ながらこわい。