未来を知る二つの方法

「われわれは未来について二つのことしか知らない。一つは未来は知りえないこと、もう一つは、未来は今日存在するものとも、今日予測するものとも違うということである」
(~ 創造する経営者より 〜)

 

ドラッカー先生は「未来」についての洞察をさまざまな書籍で書いています。「創造する経営者」の中では、上記の文を受け「それでも未来を知る方法は、二つある」と述べています。それは何でしょうか。

一つ目は「自分で創ることである」
二つ目は「すでに起こったことの帰結を見る」

です。

二つ目は「すでに起こった未来」と言われていてとても有名な言葉ですね。
一つ目の「自分で創ることである」の意味するところは、う〜ん、とても意味深くで難しそう。

「自分で創ることである」、ドラッカー先生の言わんとすることが
「明日を支配するもの」という書籍にわかりやすく書かれています。

要約すると↓こんな感じです。

「現代のような激変・大転換期の時代は、既存の経済理論や経済政策はたいして役に立たない。理論家に期待できることは、せいぜい大転換期が終わった後、何十年もたった後で、何が起こったかを説明する理論を考えることくらい。明らかに理屈だけではわからない時代、最大の過ちは変化を無視して明日も昨日も同じだと考えること。でも、悲観することはない。予測不能な明日において成功の道を拓く方法は社会も企業にもある。それは未来を創ることである。不思議な論法というべきかもしれないが予測不能だから自分で創る。具体的な方法とはすでに起こった未来を知り、それを利用しながら、自分の手で未来を創ること。」

これは、有名な言葉である、
「自ら未来を創るにはリスクを伴う。しかし、自ら未来を創ろうとしない方がリクスが大きい」
につながります。

さて、話は変わりますが、少し前に大ヒット映画「君の名は」を観てきました。

飛騨人は、美しく描写されている身近にある飛騨の風景に感動しますよね。

ストーリーはその写実的な風景描写と対照的に非現実的なストーリー。

最後のシーンに向かって展開されていく、歴史を変えようとする若者の必死さに誰もがワクワクしたと思いますが、そのシーンを観て、このドラッカー先生の「自ら未来を創るにはリスクを伴う。しかし、自ら未来を創ろうとしない方がリクスが大きい」を思い出したのは僕だけでしょうか。(笑)

まっ、映画は観た人が勝手にストリーを判断していくところに面白みがありますから、こんな解釈でもいいでしょう。(^ ^)

img_6212
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です