経験を積んだ者が必要とする知識

「重要な科目ほど経験を積んだ後のほうが学びやすい。しかも、それらの科目の多くは、まさに経験を積んだ者が必要とする知識である」
(〜 断絶の時代より 〜)

 

ドラッカー先生は大人が社会で経験を積んで、再び学校に戻ってくることが常識的になる時代が来ると言っています。そしてその学生(大人)は極めて意欲的な学生となるとも言っています。

よく考えれば、今は昔と違い、仕事が終わった後や土日を使ってさまざまな勉強会が行われていますよね。これもひとつの学校へ戻る形。「断絶の時代」は1969年に書かれた本ですが、まさにドラッカー先生の言葉通りの時代になったのだと感じます。

なぜ大人が学ばなければいけないのか…
僕が思うに、時代を作る産業、働き方、価値観等、ある意味変わらないと思っていたことが、多様化・多元的になり(まさに現代)昔のように通用しなくなる(断絶)、その変化の時代を生き抜くためには新しい知識を学ぶことが不可欠なのではないか、それも継続的に…

だから経験を積んだ者が学校に戻って学ばなければいけない…

ということなのかなと思います。

今でこそ、学びの大切さを感じていますが、「若い時にもっと勉強しておけばよかったなぁ」と猛烈に反省もしています。(笑)

今僕は、3つのことを学んでします。

1つ目は、
ドラッカーマネジメント

2つ目は、
ismワークフロー

3つ目は、
ボトムアップ理論

3つとも、経営者としての知識不足を痛切に感じたことがきっかけで学び始めたことです。

時代は激変することが前提。
トランプ氏が選挙に勝ち、不安に思っている方も多いと思いますが、でもある意味がどんな断絶が起こるか、楽しみでもあります。

そして、自分の会社の事業戦略が5年後、10年後も通用するはずがないとも考えるし、どんな会社になるべきか変化するべきか…
いろいろ考えるなぁ。

今こそ、「断絶の時代」を読むときだと思い、ドラッカー先生の書籍の中でも超難解と言われるこの本を読み始めました。
この本を読み終えるとき、僕は何に気がつくのだろうか…

今週もがんばるぞ!

13715964_1094473583978389_1348548060208300549_n_r1_c1
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です